中古トラック情報なら【ゲットラック】

中古トラック販売店の株式会社グリーンベル
TEL:044-980-0035 / FAX:044-980-0036
グリーンオートリース ゲットラクラブ
  • ゲットラック編集チームのブログや活動報告など満載!テレビCM撮影風景やNGシーンも
  • グリーンオートリース
  • 中古トラック情報誌ゲットラックCM
  • 全社員で構成されている必見CM
  • お得な長期自動車保険アットロング個人でも法人でも長期保険急上昇
  • 編集部フェイスブック
  • ゲットラック編集チームのブログや活動報告など満載!
グリーンベルグループ
  • ◆トラックリースの専門スタッフにお任せ!
    グリーンオートリース
    お客様の設備資金調達を強力にサポート。大手40社超のファイナンスと調達ノウハウにてお客様の思いを実行力に!!
  • ◆中古トラック情報<約1,000台>
    中古トラック情報ゲットラック
    月刊中古トラック情報誌【ゲットラック】を発行。定期購読できます。お探しの車両はゲットラックにお任せください。只今、車両の買取も強化中!
  • ◆ABL(動産担保融資)の活用方法
    ABL(動産担保融資)を活用したファイナンススキーム
    お客様の保有する資産を活用し、ファイナンスリスクを減らし、お客様のファイナンス審査の通過率を飛躍的に上げる事が出来るABL(動産担保融資)
  • ◆加入者急増中!長期自動車保険
    長期自動車保険のアットロング
    万が一事故が起きた場合のコスト増を回避する、ユーザメリットの大きいお勧めプランです。保険料の値上がりを抑えるテクニックをご紹介!
  • ◆資金調達、コストカットを同じ顧問料で!
    運送事業専門の運送会計ドットコム
    運送専門の会計チームが金融のノウハウを持って経営アドバイス!運転資金・設備調達・コスト見直し・企業評価・経営計画などお気軽にご相談ください。

トップページ コラム一覧運送会計.comレポート コラム一覧 > vol.3 儲かっている運送会社のマル秘テクニックを公開!

運送会計.com-report

できていますか? 原価計算!!

儲かっている運送会社のマル秘テクニックを公開!

デフレによる運送事情は毎年厳しさを増すばかり。運送会計.comレポートでは運送氷河期をバリバリ生き延びている企業のテクニックを大公開!!運送会計.comレポートでは運送業を応援します。

荷主が運送会社を選ぶときのポイント

荷主が運送会社を選ぶときのポイント

テクニック① 仕事を断らない!

断りません

何とか荷主の要請を達成する為の努力を
惜しまずこなすのが儲かっている企業!

協力会社の存在は大きいです!
また、予備車や非常勤雇用のドライバーを確保することも大事な要素です。

 

テクニック② 運賃を上げてくる!

最大の課題。運賃の値上げ交渉術!
あきらめる前にやってみましょう!!

何とか運賃を上げてくるテクニックはあります!
隣のページ『運賃の値上げ交渉術!!』で詳細を確認しましょう!

テクニック③ とにかく稼働率が高い!

配車の腕前

25日稼働率が1日遊んだら、利益は2%ぐらい減少します。
稼働率が1日増えると月の利益率が1%強増えます。

利益を出している会社は稼働率に注力しています。

【例】
25日稼働×3万/日運賃=75万
26日目は原価が安くなるので利益率が上がります。

想定稼働率を超えて仕事をしたときの利益の変動に注目!

 

運賃の値上げ交渉術!!プロの仕事とは?

運送会社にとって運賃交渉とは永遠のテーマです!では、儲かっている会社はどうやっているのでしょうか。

テクニック① 従業員教育を徹底する

人材を人財に!

運賃交渉の際によそのドライバーでは満足できない状況をつくります。

荷主から『あのドライバーじゃないとダメ』、
『あのドライバーでお願いしたい』と
言わせることが成功への最短コースです。

大きく変えることを"大変"と言いますが、人は変化を嫌う傾向にあります。
いつものドライバーというだけで有利になるという事を覚えておいてください。

 

テクニック② 原価を把握する

荷主と交渉するにも原価を知らないと話になりません。

1台/日の輸送原価を知ることで受けられる仕事かを瞬時に判断しなければなりません。

月の経費のベースを作っておけば距離残業時間高速代だけで原価が確認できます。

【例】

原価を把握する原価を把握する

テクニック③ 荷主との対話

荷主のニーズを確認してコース組まで参加している企業が今活躍しています。

中途半端なコースこそドル箱になります。
共同配送の組込みや効率化を提案して、荷主の抱える問題を解決してこそプロの運送業と言えるでしょう。

お問い合わせ