中古トラック情報なら【ゲットラック】

中古トラック販売店の株式会社グリーンベル
TEL:044-980-0035 / FAX:044-980-0036
ゲットラクラブ
  • ゲットラック編集チームのブログや活動報告など満載!テレビCM撮影風景やNGシーンも
  • グリーンオートリース
  • 中古トラック情報誌ゲットラックCM
  • 全社員で構成されている必見CM
  • お得な長期自動車保険アットロング個人でも法人でも長期保険急上昇
  • 編集部フェイスブック
  • ゲットラック編集チームのブログや活動報告など満載!
グリーンベルグループ
  • ◆トラックリースの専門スタッフにお任せ!
    グリーンオートリース
    お客様の設備資金調達を強力にサポート。大手40社超のファイナンスと調達ノウハウにてお客様の思いを実行力に!!
  • ◆中古トラック情報<約1,000台>
    中古トラック情報ゲットラック
    月刊中古トラック情報誌【ゲットラック】を発行。定期購読できます。お探しの車両はゲットラックにお任せください。只今、車両の買取も強化中!
  • ◆ABL(動産担保融資)の活用方法
    ABL(動産担保融資)を活用したファイナンススキーム
    お客様の保有する資産を活用し、ファイナンスリスクを減らし、お客様のファイナンス審査の通過率を飛躍的に上げる事が出来るABL(動産担保融資)
  • ◆加入者急増中!長期自動車保険
    長期自動車保険のアットロング
    万が一事故が起きた場合のコスト増を回避する、ユーザメリットの大きいお勧めプランです。保険料の値上がりを抑えるテクニックをご紹介!
  • ◆資金調達、コストカットを同じ顧問料で!
    運送事業専門の運送会計ドットコム
    運送専門の会計チームが金融のノウハウを持って経営アドバイス!運転資金・設備調達・コスト見直し・企業評価・経営計画などお気軽にご相談ください。

中古トラック情報誌ゲットラックと連動して約1000台の中古トラック情報をお届けします!

HOME > ニュースリリース > 中古トラック「ショールーム」2店舗目、営業開始

中古トラック「ショールーム」2店舗目、営業開始

2011年7月25日
中古トラック「ショールーム」2店舗目、営業開始

【神奈川】中古トラックの買い取り・販売事業などを展開しているグリーンベル(葛西宣行社長、川崎市麻生区)は今月末から、中古トラックのショールーム「東名青葉店」(同区)の営業を開始する。東日本大震災に伴う中古トラック需要の取り込みも視野に入れ、400平方メートルの土地を賃借して常時10両前後の中古トラックを陳列するほか、整備場も併設して顧客のニーズに即応できる態勢を構築。中古トラック情報誌とリアル店舗を融合させたPR戦略を推進していく方針だ。

店頭にラインアップする中古トラックは値段を表示し、常駐スタッフが来店客の対応に当たる。入り口の床面には、自社で発行している中古トラック月刊情報誌「GETRUCK(ゲットラック)」のロゴをペイントするとともに、トラックをデザインした看板を設置して集客を図る。

従来は神奈川県厚木市などに構える展示場に商品を保管しているため、現物の確認を望むユーザーの要請に素早く応じるには限界があった。本社の至近距離にイメージショップを出すことにより、商談のスムーズな進展が見込めるという。

中古トラック情報誌は国内初のフリーペーパーで、現在の発行部数は2万部を超え、掲載車両数も500両を突破。扱う車種は、冷凍・冷蔵車ウイング平ボディーユニック車ダンプカーミキサー車パッカー車トラクタヘッドワンボックスカーローリー、軽トラック、散水車と多岐にわたり、小型から中型、増トンタイプ、大型まで豊富に取りそろえる。

さらに、事業用不動産情報を併載する取り組みも新たにスタート。グループ会社とタイアップして首都圏を中心とした車庫用地などの物件を60件くらい紹介、中古トラック情報誌の付加価値を高めて運送会社の経営を側面からサポートしている。

葛西社長は「ショールームは、昨年10月に開設した大宮店(さいたま市西区)を皮切りに2店舗目で、8月末にも松戸店(千葉県松戸市)のオープンを予定している。イメージ戦略の一環として、幹線道路沿いの10か所程度に看板も掲げていく。今後も中古トラックを活用した経営改善を提案したい」と話している。



掲載:「物流ニッポン」(外部サイト)