中古トラック情報なら【ゲットラック】

中古トラック販売店の株式会社グリーンベル
TEL:044-980-0035 / FAX:044-980-0036
ゲットラクラブ
  • ゲットラック編集チームのブログや活動報告など満載!テレビCM撮影風景やNGシーンも
  • グリーンオートリース
  • 中古トラック情報誌ゲットラックCM
  • 全社員で構成されている必見CM
  • お得な長期自動車保険アットロング個人でも法人でも長期保険急上昇
  • 編集部フェイスブック
  • ゲットラック編集チームのブログや活動報告など満載!
グリーンベルグループ
  • ◆トラックリースの専門スタッフにお任せ!
    グリーンオートリース
    お客様の設備資金調達を強力にサポート。大手40社超のファイナンスと調達ノウハウにてお客様の思いを実行力に!!
  • ◆中古トラック情報<約1,000台>
    中古トラック情報ゲットラック
    月刊中古トラック情報誌【ゲットラック】を発行。定期購読できます。お探しの車両はゲットラックにお任せください。只今、車両の買取も強化中!
  • ◆ABL(動産担保融資)の活用方法
    ABL(動産担保融資)を活用したファイナンススキーム
    お客様の保有する資産を活用し、ファイナンスリスクを減らし、お客様のファイナンス審査の通過率を飛躍的に上げる事が出来るABL(動産担保融資)
  • ◆加入者急増中!長期自動車保険
    長期自動車保険のアットロング
    万が一事故が起きた場合のコスト増を回避する、ユーザメリットの大きいお勧めプランです。保険料の値上がりを抑えるテクニックをご紹介!
  • ◆資金調達、コストカットを同じ顧問料で!
    運送事業専門の運送会計ドットコム
    運送専門の会計チームが金融のノウハウを持って経営アドバイス!運転資金・設備調達・コスト見直し・企業評価・経営計画などお気軽にご相談ください。

中古トラック情報誌ゲットラックと連動して約1000台の中古トラック情報をお届けします!

HOME > ニュースリリース > トラックの価値 再評価してみれば・・・ 赤字企業 実は 優良企業

トラックの価値 再評価してみれば・・・ 赤字企業 実は 優良企業

2015年3月

 

トラック担保に融資 利用目的問わず 低い与信ハードル

 

 

 

スタート2年の動産担保融資(ABL)

時価査定で資金調達容易に

 

 7万社ある運送業の内8~9割が赤字と言われている中、4千万円の債務超過の運送会社が、実は6千万円もの黒字だったと興味深い話がある。
 銀行からも融資の見合わせを通告された企業を救ったのがトラックの実際の価値であった。リースや中古トラックを扱う会社社長がその企業の保有車両をすべて査定したところ、決算書に計上している車両運搬具は500万円弱が、実勢価格は1億1千万円あることを示唆。それを日本中古トラック査定協会の査定書を決算書に反映させ、実際は6千万円の黒字の優良企業であったということだ。

 

トラックに最適

 運送事業者が赤字の理由の一つである、車両費用の早い償却期間と裏腹に、税務上償却済の簿価1円の車両が帳簿上評価されないことだ。
 金融庁が2013年2月に動産担保融資(ABL)の積極的な活用により、もっと中小企業に融資を増やそうと方針を立てた。
「まさしく動産の価値のあるトラックにはABLに最適」とトラックリース事業のグリーンベル(神奈川県川崎市)の葛西宣行社長は語る。同社ではトラックを担保にしたリースやローンを積極的に展開しており簿価ではなく時価で融資することで救える運送業者がたくさんいるという。

 

様々な波及効果

 5年で1円まで圧縮された資産を会計(決算書ベース)で再評価することで財務諸表は著しく改善する。運送業の積極的な設備投資につながり、運送業界だけではなく周辺の掲載効果も期待できる。金融機関からみて要注意先や実質破たん先も実は優良企業であった可能性も少なくない。税金の滞納、社会保険税の未払いも資産価値を正当に評価することで生まれるキャッシュフローを期待できる。
 運送会社の資産の内訳は現預金、売掛金、車両運搬具がほとんどであり、その資産の大部分を占めるトラックの価値が5年で1円では、運送業者が赤字と呼ばれる所以がそこにあったのだ。また会計を扱う税理士は税務処理だけではなく、企業会計原則に則った会計、正しい企業価値の報告をしなければならない。
 ABLの普及によりトラックの価値が改めて評価されることで、商用自動車の流通より活発に行われる。中古トラックの専門誌なども出てきたことなどから運送業の資産価値に着目したビジネスはこれから活発になっていくと思われる。さらに自動車メーカーも商品価値の下がらない車両づくり、リセールバリューを支えている海外のニーズを見越した車両づくりを期待したいものである。

 

 

掲載:「日刊自動車新聞社」(外部サイト)