中古トラック情報なら【ゲットラック】

中古トラック販売店の株式会社グリーンベル
TEL:044-980-0035 / FAX:044-980-0036
グリーンオートリース ゲットラクラブ
  • ゲットラック編集チームのブログや活動報告など満載!テレビCM撮影風景やNGシーンも
  • グリーンオートリース
  • 中古トラック情報誌ゲットラックCM
  • 全社員で構成されている必見CM
  • お得な長期自動車保険アットロング個人でも法人でも長期保険急上昇
  • 編集部フェイスブック
  • ゲットラック編集チームのブログや活動報告など満載!
グリーンベルグループ
  • ◆トラックリースの専門スタッフにお任せ!
    グリーンオートリース
    お客様の設備資金調達を強力にサポート。大手40社超のファイナンスと調達ノウハウにてお客様の思いを実行力に!!
  • ◆中古トラック情報<約1,000台>
    中古トラック情報ゲットラック
    月刊中古トラック情報誌【ゲットラック】を発行。定期購読できます。お探しの車両はゲットラックにお任せください。只今、車両の買取も強化中!
  • ◆ABL(動産担保融資)の活用方法
    ABL(動産担保融資)を活用したファイナンススキーム
    お客様の保有する資産を活用し、ファイナンスリスクを減らし、お客様のファイナンス審査の通過率を飛躍的に上げる事が出来るABL(動産担保融資)
  • ◆加入者急増中!長期自動車保険
    長期自動車保険のアットロング
    万が一事故が起きた場合のコスト増を回避する、ユーザメリットの大きいお勧めプランです。保険料の値上がりを抑えるテクニックをご紹介!
  • ◆資金調達、コストカットを同じ顧問料で!
    運送事業専門の運送会計ドットコム
    運送専門の会計チームが金融のノウハウを持って経営アドバイス!運転資金・設備調達・コスト見直し・企業評価・経営計画などお気軽にご相談ください。

中古トラック情報誌ゲットラックと連動して約1000台の中古トラック情報をお届けします!

HOME > ニュースリリース > 運送業むけコンサル強化、原価計算で収益改善、HP作成を支援

運送業むけコンサル強化、原価計算で収益改善、HP作成を支援

2017年3月

 

運送業むけコンサル強化、原価計算で収益改善、HP作成を支援

 

運送業むけコンサル強化

原価計算で収益改善

HP作成を支援

 

 グリーンベル(葛西宣行社長、川崎市麻生区)は2017年度から、運送会社向け財務体質改善コンサルティングを強化する。原価計算と増車を基本に収益力を高めるもので、同社でトラックを購入した顧客は無料でコンサルを受けられる。

人材確保に向けたホームページ(HP)作成や、提携先運送会社の紹介などもサポート。運送事業の成長産業化を後押ししていく。(吉田英行)

 

 中小運送会社では輸送原価を認識していなかったり、車両代など輸送原価の内容を精査していないケースが少なくない。

コンサルではまず、簡単な原価計算を行い、改善ポイントを可視化。

 

 「原価計算準備シート」に月間の稼働台数、平均稼働日数、ドライバー給与、車両リース代、1台当たりの売り上げ、1日の走行距離、燃費などを記入して、月間コストを算出する。シートは平易な言葉でシンプルな質問を設定しているのが特徴で、配車マンでもすぐ記入できる。

 

 次に、1日当たりの人件費、燃料費、車両代(リース料または償却費)、保険料、修理費用、高速道路代、1台当たりの販売管理費を合計し、輸送原価を調べる。

 

 輸送原価見直しのポイントとなるのが車両代と販売管理費だ。リース料の半額を積立金として資産計上し、半額をリース料として経費計上する同社の「財務UPリース」を利用すれば、輸送原価に占める車両代は半分に減らせる。

 

 また、保有車両が増えても、販管費はさほど変わらないケースが多い。このため、増車することで1台当たりの販管費が分散され、輸送原価を抑えられる場合がある。

 

このように、車両代の帳簿上の科目変更と増車などにより、黒字体質への転換を実現。金融機関の評価アップで、設備投資や人材確保といった前向きな投資への融資を受けやすくする。

 

 更に、低コストでのHP作成もサポート。求人に効果的なデザインや、検索上位を狙うSEO(検索エンジン最適化)対策などのノウハウを生かし、人材確保をバックアップする。また、同社の顧客の運送会社を提携先として紹介し、新規業務の獲得を支援。

 

 このほか、燃料費や高速道路代、保険料の節減についてもメニューを用意しており、様々な角度から輸送原価低減を提案する。

 

同社では「『新車を入れたら赤字になる』という考えから、『増車すれば増収増益になる』という意識になっていただきたい。運送事業を成長産業にするお手伝いをしていく」としている。

 

 

掲載:「物流ニッポン」(外部サイト)